東京都・鎧壁の家
 


この家の象徴でもあるヒマラヤスギの屏風柱まわり




外壁をすべて土佐漆喰の鎧壁で仕上げた都市型住宅です。

 雨に強い土佐漆喰を用いて、雨水の進入を防ぐために鎧のように水はけのよい傾斜した壁を作るもので、台風の通過が多い高知県の民家に多く用いられています。

 道路側壁の中心には水切り瓦を付けた小窓を設けてあります。

 この家の室内の特徴は、階段南の格子組壁と、ヒマラヤスギの木から製材した堀コタツの天板ならび屏風柱に囲まれた空間です。

 高樹齢の巨木は、癒しと元気を家族に与えてくれて、家族の精神的なよりどころとなっているようです。









屋根のむくりに合わせて、外壁面も膨らませてあります



7寸角檜材の柱・梁、赤松の太鼓梁で構成された広間



4寸角檜材の格子組から生まれる光と影