志木市・たんとんとん
 

夜景  1,2階の格子からもれる光が印象的


 黒塀の家の工事を見て設計を依頼された治療院付きの住まいです。

 1階はマッサージとはりの治療院と茶室があり、2階が生活の中心となっています。

 4寸角の檜材を30cm間隔でタテヨコに組んだ格子にはペアガラスがはめ 込まれた診療室は、明るく暖かくて木の香りもして気持ちがよいと評判です。

 院長のお嬢様とご両親による一人一人にしっかりと時間をかけて丁寧な対応が喜ばれ、再び訪れる方が増えています。

 夕方からは表情が一変し、格子組みを通してもれる明りが幻想的で街のランドマークにもなっています。





外観  シンボルツリーは株立のアオハダ


檜の香りのする待合室はほっとします



明るくて暖かい診療所は癒されます