八潮市・蕎麦切り大椙
 


瓦葺きの大屋根が軽快に浮き上がる設計です



 埼玉県東部・八潮市に2年前開業した蕎麦店併用住宅です。

 山形の名店「庄治屋」の本店と東京店で合計10年間修行したご主人は、国産の上質なそば粉を毎日石臼で挽く本格派です。
 
「食と住は関係が深いと思います」と話す大椙さんの店と住まいに対する要望は、自然素材で構成された丈夫で安らぎの感じられる空間でした。
 
 「建物が看板代わりになっています。」と語る店は、誰をお連れしてもおいしかったと評判が良く、長居してしまいます。電話して出かけてみてください。
  
   蕎麦切り大椙 :048-998-2389



檜の曲がり木の大木を割って開いたテーブル


椋の木の大黒柱と松梁古材で組まれた店舗


モダンな店舗正面の壁は土佐漆喰鎧仕上げです