さいたま市・高床の家

 敷地が東西に長くてある程度広い場合、平屋建ての住居として計画することができます。この住宅は、 日当たりや通風を確保し、道を往来する人との視線を避けるために、地上1.6mの高さに居室の床高さ を決めて設計しました。
 家の中心の広間に座ると、平屋とも二階住居とも異なる空間を感じることができます。敷地周辺は生産緑地や屋敷森が広がっているため、三間全開の木製建具を開くと、住宅地であることを忘れるほど静かな景観が広がります。4mという長さの材を柱に使う場合、連続する内部空間 の天井高さを工夫すれば一部は二階建ても可能となります。結果として、軒の高さの低い安定したプロポーションの建築となりました。
 


焼き杉板張りの玄関まわり




格子戸から光が差し込む玄関

 



窓を全開にした状態の広間とデッキ




地上1.5mにある高床デッキ