東京都・木苺の家

 戦前からの落ち着いた住宅街の一画、2006年に竣工した住宅です。ランの育成と庭作りが趣味のご家族の要望で、日当たりの良い二階にサンルームや広めのベランダを設けてあります。家の周囲の外構工事は、雑木の庭づくりを得意としている、造園設計・施工:石正園さんの仕事です。下枝を落とした各種の雑木・潅木・蔓植物・下草の類が、植えられて二年経ち、まるではじめからこの地に自生していたような景色となりました。5月下旬の今はヤマボウシの白い花と、木苺(ラズベリー)の赤い実が焼き杉板張りの外壁に映えています。造園の専門職の技術とセンス、自然を取り込み自然に返す雑木の庭づくりという考えは尊敬に値するものです。




焼き杉に合せた黒塗りの玄関ドア






漆喰引きずり仕上げの玄関の壁




枠と組子の見附を揃えた大障子




日当たりの良い格子のサンルーム