東京都 吹き抜けの家


曲面鎧壁とガラス屋根のアプローチ



 都会の住宅地での家づくりは、周囲の環境と敷地の特性を判断して、採光と通風をいかに適切に取り込むかが設計の要になります。特に北側道路で東・南・西側が囲われている場合、生活の中心を日当たりの良い二階にしたり、南側に吹き抜け空間を確保して高い位置から直射光を室内の奥まで引き込むなどの考慮が効果的です。

 この住宅の場合、周囲の庭や屋根形から吹き抜けの窓の位置を決めました。力桁と段板のみでできた階段や角度の異なる縦格子が連続したベンチなどの設計により、開放的で広がり感のある室内空間づくりを目指しました。特に端正な納まりと頑丈さを両立させた階段は、小さな子供たちの格好の遊び場になっています。



モミの大テーブルは生活の中心です




吹き抜けに面した曲面格子付ベンチ





階段、段板は3寸厚のクリ材です