東京都・築三十年の改築



土佐漆喰の鎧仕上げとした外壁
 
 今から30年前の1977年に建てられた木造共同住宅が、構造的な補強を含めた全面的な改装を経て、開放的で明るい住まいに生まれ変わりました。

 耐震性能と素材の安全性の確保、住み心地の向上などを目的にリフォームを続けることで、軸組み構法の家は長寿命の住み継ぎが可能となります。

 二階の一部の壁を取り去り、大きなガラス屋根に変えたことで、一階の広間にも十分日が射すようになりました。

 黒塀で囲んだ庭に設けた木製デッキは、ソロの木のつくる木陰をもつ外の居間ともいえる空間です。






部屋は木・畳・土壁・障子の構成





開けると庭との一体感が生まれる





吹き抜けに設けたキャットウォーク