メインメニュー
 2007/03/14 製材所で材木の発注をする
■ 現場リポート

東京都三鷹市で、Tさんの住いの建築工事が始まりました。
このコーナーでは、当事務所の仕事の進め方を知っていただくために、工事の工程を進行順に説明していきたいと思います。なお、竣工は2007年10月を予定しています。





飯能の山に囲まれた製材所土場風景


 埼玉県飯能市にある岡部材木店に、材木の発注契約を行いに建て主のTさんと出かけました。

 岡部材木店は、国産材の自然乾燥にこだわる製材所です。
 
 ここでの作業は、今回の工事で使用する材木について説明を求め、住み手自身に見て触れて素材を確認してもらうことです。

 山の事情、原木から角材になる工程、節や割れなど無垢の木の持つ特性、クリ、ヒノキ、アカマツなどの違いなどについて、納得いくまで時間をかけます。

 素材からオーラをもらい、周囲山の空気を吸って仕事の始まり実感します。



玉切りされた原木丸太が積まれています



皮むき製材後に、桟積みして自然乾燥させます



岡部 馨氏に構造材の説明を聞きます