折々の風景




   ~蔵の町・須坂~

 長野県安曇野市穂高での仕事の帰り、善光寺平の東端に位置する須坂市を訪ねた。オリンピックの開かれた長野市や、葛飾北斎の肉筆画と栗菓子で一大観光地となった小布施町とは違い、とても静かな町である。二つの街道の交差する道の両側には、明治から昭和初期の機械製糸業最盛期の姿がそっくり残っていると思えるさまざまな姿の土蔵造り・塗り屋造りの店舗や蔵が続いている。間口が狭くて奥行きが深い敷地割りは各地の町屋と同様であるが、埼玉県の川越のように道に面して切妻屋根の平入り土蔵同じ向きに並ぶのではなく、平入り・妻入り蔵が混在していて様子は変化があって楽しい。
 







 残された建物の質の高さは、岡谷・諏訪と並ぶ日本有数の製糸の町に発展した当時の須坂の商人の生活が、どれほど豊かだったかをはっきりと現わしている。屋根瓦・格子・窓まわり・門の扉・基礎石と、細部を比較しながら見ていくと、尋常とはいえない手間の掛け方が目に付く一方、思わず笑える表現の独自性も感じられる。きっと気持ちに余裕があった時代だったのだろう。武士の多い城下町ではなく、町人が多く商業が活発であったことから館町(たてまち)と呼ばれるように、精神の自由さが形になって現れているようだ。


 須坂は蔵の町として知られている。歴史的建物の保存運動・蔵の町の合った景観修復の奨励・ギャラリーや喫茶店としての使用変更など、その町に住んでいた人々が残してきた形あるものを、活用しながら残していこうという動きを、現在進行形で感じ取ることができる。歴史的な景観が観光資源として注目されるのは、小京都と呼ばれる地方の町と同じであるが、町の観光地化はそれほど進んでいないようで、それが返って新鮮に感じられる。かなり痛んだ土蔵も数多く残されているが、景観修復された建物はおおむね好感でき、まったく異質な建築表現も見当たらない。瓦・ハチマキ・白壁・腰板・木格子といった、蔵を連想させる表現をどこかに用いているせいか、新築の共同住宅や病院なども町全体に気を使って建てられている。外観の安易な借用・転用も見られ、景観のしばりが新築建物の元気さを削ぐ要因になっているように疑問も残る建物が突然現れたりするが、きっと様々な事情があるのだろう。


 9月のお彼岸の日曜日、しかも雨ということが理由なのか、街を歩いていて人を見ることがほとんどなった。人口52000人の市の中心街にしては、ひっそりとしすぎている様にも思えた。一番立派に見えた店蔵の中で、婦人会の方々の作品を集めたバザーが開かれていたので、中で話しを聞くことができた。絹の製糸工業から精密機械産業へ展開しながら続いてきた須坂であるが、これといった産業が現在はない状況であるらしい。隣の小布施町のように観光化も進んでおらず、こうして店蔵を開放して、観光客にお茶のサービスと無料で休める場所の提供を始めたばかりなのだと言う。甘い菓子とお茶をいただき、「よそにはないいい建物がしっかりと残っているのが自慢です」、と聞いてほっとした。








 残された家がいくら立派でも、100年近く経った建物の税制上の資産価値はないので相続はできる。しかし、質を高めて維持管理するのは容易なことではない。一人の夫人は、引き継いだ蔵の修理に3軒家を建てられるほどの資金を費やしてきたと語っていた。登録文化財として認定された家も数件あるのだというが、街の景観保持に個人でできることには限界がある。難しい問題だ。


 戦災にあわず、過激な近代化も見られず、不思議なくらい質の高い建築がそこ此処に残されている。きっと、来るたびに新たな発見が期待できるはずだ。観光資源としての景観保存に異議を唱えるつもりはないが、できればテーマパークのような保存の仕方は避けてもらいたいと願う。綺麗な統一感ではない魅力というのだろうか。どこにもない須坂方式ともいえるような保存と開発の手段を、どうか見出してほしいものである。何度でも訪れたい気がする町である。